topimage

2016-12

初春を寿ぐ、リハーサルを行いました - 2016.12.20 Tue

こんにちは^^


連日寒くて寒くて縮こまっているわたくしですが、
皆さまはお風邪など召されておりませんか?

まだ1月2月の一番寒い時期よりはましな気温のはずですが、
うーむ、これ以上寒くなったら、こごえてしまいそう…(;O;)

皆様も沢山着て暖かくして、体調を崩されないようご自愛くださいね。







さてさて、

お正月イベント「初春を寿ぐ 竹田人形館」のチケット完売のお知らせをしてから数日…
今でも毎日ご予約やお問い合わせのお電話をいただきます。

本当にありがとうございます!!

そして、完売ということでお断りするしかなく、誠に心苦しく思っております。



当日は公演の様子を映像に残し、
その後は館内のモニターでご覧いただけるようにする予定ですので、

今回残念ながらお越しいただけない皆様も
是非後日足をお運びいただければと思います。






準備の方は着々と進んでおります。

先日は、とうとう、ゆきんことふうこが展示装置から外され、
舞台を使ってのリハーサルが行われました!!

東京から、竹田人形座の鈴木友子先生や、かわせみ座の皆様がお越しくださり、
舞台照明の専門家さんなども加わって、
2日間かけて本番の演出の打ち合わせや動きの確認などを行いました。



こちらは、「鶴の笛」の練習の様子です。

12-20リハ舞台

鶴が、まるで本当に生きているかのようにいきいきと歩き、首をかしげ、羽をつくろう様に、
竹田人形館職員3人とも、思わず感嘆の声をあげてしまいました。

動物園などの鳥につい話しかけてしまうように、
思わず「はーいこんにちは」なんて呼びかけてしまったりもしました。


喜之助人形のつくりの繊細さも、
竹田人形座の糸操りの技も、
生で動いてこそこんなにも美しく際立つのだなぁと、改めて実感した瞬間でした。




そしてこちらは、その時の上のあゆみ(足場)の様子です。

12-20リハあゆみ1

12-20リハあゆみ2

この時は練習のためにあゆみ上も照明をつけておりましたが、
本番では下の舞台への照明がメインです。

この幅の狭い足場で、この時より暗い中で、操演します。

本当に、大変な技ですね…!!



当日は、もちろんこのあゆみの様子はご覧いただけませんが、
この写真の様子を思い浮かべていただくと
その技の素晴らしさを感じていただけるのではないかと思います。

…ですが、きっと、操りの素晴らしさに目がいかないくらい、
本物のような登場人物たちにのめりこんでいただけたると思います。









あ~、この記事を書きながら、私もますます楽しみになってきました!!

クリスマスなんてふっとばして、早くお正月になってほしいくらいですね!\(^o^)/



…あ、だめでした、あんまりすっとばしてすぐ本番になってしまうと、
わたくしの拙い拙いお箏演奏の練習をする時間がなくなってしまいますね…

よし。
私はお箏のお稽古をしながら、1月7日を心待ちにしたいと思います^^

(お箏のお稽古の仕上がりにはどうか期待せず…汗







スポンサーサイト

福助展のお知らせ♪ - 2016.12.16 Fri

本日2つめのお知らせです♪





先日から、

毎年この時期に行っている福助展を始めました。

12-16福助エントランス





にっこり笑ってお辞儀をしている福助さんやお福さんが、
エントランスから展示室の方までたくさん並んでおります^^

12-16福助サイズ並び

12-16お福




グッズ見本の棚にも小さな福助さんがちょびちょび。

12-16福助グッズ棚




舞台ホール入口、竹田氏事歴の横でも、福耳を垂らした大きな福助さんがお出迎えします。

12-16福助事歴





たくさんの福助さんお福さんに囲まれて、
館内全体がなんだかほっこりした雰囲気になりました。



今日は、お正月飾りの準備も行いました。
(飾り付けはまだ先です。)

これからしばらく、おめでたい雰囲気の竹田人形館が続きますよ(*^_^*)







福助展は、平成29年2月5日までの予定です。

お正月イベントに来られない方も、ぜひ普段と違った竹田人形館にお越しください^^



職員一同、お待ちしております。

12-16福助外


「初春を寿ぐ 竹田人形館」、チケット完売しました! - 2016.12.16 Fri

皆様こんにちは^^





先日からお伝えしております、来月1月7日(土)開催のお正月イベント、

「初春を寿ぐ 竹田人形館」

ですが、



全公演、チケット完売致しました!!!



皆様にお知らせしてから連日ご予約のお電話を何本もいただき、
なんと約1ヶ月で完売となりました。

職員も嬉しい悲鳴をあげております。

本日も新たなご予約のお電話をいただき…
大変心苦しいながら、完売ということでお断りさせていただきました(;_;)





なお、当日は若干数のみ立ち見席をご用意できるかもしれません

立ち見席の有無と席数につきましては、当日会場でお伝えいたします
(当ブログでのお知らせは致しません。)

但し確定ではありませんので、ご了承ください。





本当は観覧をご希望される皆様全員にご覧いただきたいのですが、

会場の席数に限りがあり、定員制となってしまっておりますこと、ご了承ください。





お越しいただける皆様、どうぞ楽しみにお待ちください^^

またイベントが終わりましたら、こちらでその様子をご報告させていただきますね!^^
お楽しみに★


お正月イベント、もう半分埋まりました! - 2016.12.01 Thu

皆様おはようございます(*^^)



今日から12月ですね。
毎年のことではありますが、1年が経つのは本当に早いですね。

飯田でも最低気温が0℃を下回る日が出てきました。
朝お布団から出るのがなかなか辛いです(>_<)
いよいよ本格的な冬ですね。



でも、そんな寒さの中、ここ竹田人形館では寒椿が沢山咲き始めました。

12-1寒椿

白や淡いピンク、濃いピンクなどなど、
葉の落ちてしまった木々の中に椿の紅が映えて、
寒さの中でも彩りを見せてくれています。



エントランスにも、白い椿を飾ってみました。

12-1エントランス花

私は生け花についてはまるで素人なので、いつも感覚だけで生けていますが、
そんな私でもなんとなく見られる感じになるので、椿さまさまです!

ちなみに、職員のHさんの生けるお花はセンスがあふれていてとても素敵ですよ!









さてさて、今日は、

先日お知らせしました、1月7日開催のイベント「初春を寿ぐ 竹田人形館」
予約状況をお知らせ致します。



おかげ様で既にたくさんのご予約をいただいており、

11:00~、13:00~、15:00~、
全ての回で5割以上埋まりました!!




ご予約下さった皆様、誠にありがとうございます。

なお、本日から各家庭を回る広報にもお知らせを入れておりますので、
予約はますます加速することが考えられます。

観覧をご検討の皆様、
お早目のご予約をおすすめ致します。



公演の詳細は、前回の記事→お正月イベント「初春を寿ぐ竹田人形館」のお知らせ
をご覧下さい。







それでは、皆様からのご予約、お待ちしております!(^^)!



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

糸操り実演・体験会

竹田人形座竹の子会
による
実演体験会
!開催中!


*******************
★正規の定例開催日★
毎週土曜日
11:00~15:00

でも、開館日には実質毎日開催しています

(火曜日の約半分を除く)

詳細はお問い合わせください♪
*******************

※団体様、ご予約のお客様には、個別に対応可能な場合もございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

プロフィール

竹田人形館職員

竹田扇之助記念
国際糸操り人形館

*****************
395-0001
長野県飯田市座光寺2535番地

TEL/FAX
0265-23-4222
*****************

竹田扇之助は、NHK人形劇シリーズなどで大活躍した、糸操り人形劇団「竹田人形座」の主宰者です。竹田扇之助記念国際糸操り人形館は、その竹田扇之助を記念し、竹田人形座で使われた喜之助人形や糸操り専用の舞台を展示しています。
南アルプスの山々や天竜川を望める飯田市座光寺の地にあり、庭園も大変美しく、ゆったりとした時が流れています。
そんな素敵な時の中で、日本の伝統を生かした緻密で美しいお人形を楽しみに、皆様ぜひお越しください♪

入館案内

●開館時間●
9:00~17:00(最終入館16:30)

●休館日●
毎週月曜日、祝祭日の翌日、年末年始
(月曜日が祝祭日の場合は開館し、翌日火曜日が休館です)

●入館料●
大人:400円(団体300円)
小中高校生:200円(団体150円)
(※団体料金は20名以上からです)
(※障害者手帳をお持ちの方は団体料金で入館できます)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

団体様ご来館 (11)
竹の子会 実演体験会 (7)
メディア取材 (2)
イベント告知 (24)
イベント報告 (10)
日々のできごと (33)
未分類 (2)
開館情報 (2)
展示人形のご紹介 (4)
展示替え (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる